ナレーションが発行する月刊誌 月刊インタビュー 同じ時代、同じ地域に生きる人の言葉を聞いてください。

130億年前の巨大ブラックホールに会う

国立大学法人愛媛大学 宇宙進化研究センター 准教授 松岡良樹 氏

138億年前に発生したと言われるビッグバンによって生まれた宇宙。その誕生と今日までの進化には、まだまだ知られていないことばかりだが、世界中の多くの研究者が新しい発見に向けて研究を続けている。その中で今年になって、愛媛大学 宇宙進化研究センター准教授 松岡良樹先生を中心とした研究チーム SHELLQSが、宇宙の誕生から8億年後、今から130億年前の光を発見し、その光の波長分析から83個のブラックホールを発見した。130億年前に放たれた光が、130億年たった現代の地球にたどり着き宇宙進化の過程を解きほぐしてくれた。新しい発見をされた 松岡良樹先生に発見の内容と宇宙研究のロマンをインタビューしました。

モーター技術最前線!!ものづくりのホクト

株式会社 ホクト 代表取締役社長 橋義樹 氏

確かな技術力で、アイデア溢れるもの作りを行う株式会社ホクト。うろこ取り名人などの名人シリーズが全国で人気を博している。モーター制御技術に携わって30年。現在、エネルギー業界が、多種多様な発電システムの開発へと世の中の流れが混沌としている中で、更に微力エネルギーを高効率で高出力の発電に変化させるシステムが求められている。株式会社ホクトでは、これまでモーター事業で培われた技術を活かし、再生可能エネルギーの発電システムを開発し、いよいよその製品化が見えてきた。株式会社ホクト 代表取締役社長 橋義樹氏にこれからの展望をインタビューしました。

伝統に根ざし明るく楽しいお茶の世界を

茶道裏千家正教授 松柏会主宰 山本ちさと(茶名・宗薫)氏

昭和から3世の御代にかけて、親子2代で茶道を地元の子供から年長者までに愛してもらおうと、母の代から茶道教室と茶会を開いてきた 山本宗薫さん。5月19日には令和の改元を祝って、男性だけの茶会を催した。一際明るく人を和ませる性格の先生の下で、茶道に触れてみたいと遠くは広島県やしまなみからもお点前の稽古に訪れるお弟子さんもいる。母から継いだ松柏会で、多くの人々に茶道の魅力を伝える松柏会主宰 茶名 山本宗薫、山本ちさとさんに茶道の魅力、日本文化の魅力をインタビューしました。


業界屈指!電源装置の専門企業

株式会社テクノマジック 代表取締役 曽我部栄治 氏

人類の進化の中で、炎を自由に扱える様になったことは、強力なエネルギーを生み出す技術に繋がり、電気を発生し、人力で出来る以上の技術進歩を生み出した。現代の生活の中では、様々な電気エネルギーを使った製品が、便利さを生み出しているが、その製品を動かす電力は、強電から微弱電力に至るまで幅広く、その制御技術が製品の特徴を活かす原動力になっている。特殊な電源装置を開発し、地元産業の技術開発を支える株式会社テクノマジック 代表取締役 曽我部栄治氏に新本社工場建設を機に電源制御機器の開発がもたらす技術進歩、今後の課題についてインタビューしました。

しまなみを40年間見続けた写真家

写真家 武下 巧 氏

瀬戸内しまなみ海道の近くに在住されて、橋が架かる以前から、しまなみの風景を40年にわたって取り続けてきた写真家の武下巧氏。今年の5月1日しまなみ海道開通20周年の記念に写真集を出版。様々な表情を見せるしまなみの自然を独自の目線から取り続け、写真に込めた故郷への思いをインタビューしました。





ページトップへ