ナレーションが発行する月刊誌 月刊インタビュー 同じ時代、同じ地域に生きる人の言葉を聞いてください。

飯積神社祭礼 野口太鼓台

野口太鼓台新調委員会委員長・野口太鼓台総代
小池敏治(こいけとしはる)氏
野口太鼓台新調委員会理事・野口太鼓台運営委員
渡辺新吾(わたなべしんご)氏
青年団長 河野祐弥 (こうのゆうや)氏

飯積神社祭礼にお供する11台の太鼓台の1役を担う野口太鼓台。地域の人たちの熱い思いによって今年新調し、新たな姿で今年の祭りを迎えた。祭り前には地域の人たちへのお披露目式も行い、最高潮に盛り上がった今年のお祭りを振り返り、野口太鼓台の祭りにかける思いと地域の未来への展望をインタビューしました。

上部船木地区 池田太鼓台

池田太鼓台管理運営委員会 委員長 
橋良徳(たかはしよしのり)氏
池田太鼓台管理運営委員会 副委員長 
藤田伸司(ふじたしんじ)氏
池田自治会青壮年部 部長  
波戸崎 豊 (はとざきゆたか)氏

平成28年に新調した池田太鼓台。地域の人たちの熱い思いによって新調された太鼓台は、まさに連綿と受け継がれた地元の象徴、池田八幡神社・池田の池の伝説に基づく地域性あふれるものだ。今年新調後3年目を迎えた池田太鼓台の祭りにかける思いと地域の未来への展望をインタビューしました。

川西地区 本町太鼓台

川西地区 運営協議会役員(本町太鼓台代表) 
岡部正士氏
本町太鼓台 副責任者 合田芳人氏
現場責任者 白川達也氏
青年団長 秋山直也氏

かつては西町自治会と泉池自治会合同で古くから西町太鼓台を運行していた。かきくらべ会場では、かき夫が心一つにして、見事なかきっぷりで観客を魅了し、新居浜祭独特の喧嘩太鼓としても売られた喧嘩は引き受ける勇壮華麗な男太鼓として名を覇せていた。しかし、近年は、かき夫の減少と外人部隊の問題で喧嘩が先となり、運営委員会規定で2年に一度しか出場しない太鼓として魅力に陰りが見えていた。翻弄される自治会と彷徨う青年たちが、本当の西町自治会の太鼓台とは何かを話し合い西町自治会単独で本町太鼓台を昨年作り出した。2年目の祭りを終えて、自治会員が太鼓台を通して大切にしたいものをインタビューしました。


石岡神社祭礼 西田屋台

西田自治会長 阿蘇浩造(こうぞう)氏
青年団長 難波江亮(あきら)氏
肩係 金子直起(なおき)氏

120年もの前に制作された歴史ある屋台(だんじり)を譲り受け、石岡神社祭礼に運行をしていた西田自治会が、今年屋台の修復を行いリニューアルして祭礼に出場した。新調ではなく、過去のものを修復して後世へ繋ごうとする西田自治会が守ろうとしたものをインタビューしました。

“秘芸”川之江長須中所獅子舞

八幡神社祭礼 秋季大祭奉納 
長須中所(なかじょ)獅子舞保存会 
会長 石川正人氏
事務局長 前島 充氏
運営委員  篠原 彰氏

江戸時代の確かな謂れがあって長須中所地域の秘伝の伝承芸として200年以上も継承され、毎年川之江八幡神社の秋の祭礼に奉納されている 長須中所獅子舞。太鼓、横笛、鉦のリズムに乗って自在に獅子が舞う姿は、遺したい川之江祭りの1シーンでもある。少子高齢化の中で、限られた地域が継承しようとする長須中所獅子舞保存会の皆さんに、歴史の重みと伝承の大切さをインタビューしました。





ページトップへ