防災士は自助共助の要

防災士は自助共助の要

 

04_300x196

西条市防災士連絡協議会 会長 黒河 紘一郎 氏

近年の日本では災害のない穏やかな年が無くなった。

一年を通して必ず何処かで激甚災害が発生している。

私達の住む愛媛県も平成16(2004)年に台風襲来による水害が発生し、人命をも奪われた経験がある。

災害の発生時には、地域住民が助け合いながら避難、生活の立て直し、復旧をしなければならないが、いざの時に使える知識を事前に身につけ、隣人が連携できる訓練を日頃から積んでおく必要がある。

地震、津波、台風、大水害など様々な災害が想定されている中で、地域住民の連携を繋ぐ役割として注目されているのが、防災士である。

今年、結成から10年を迎えた西条市防災士連絡協議会 会長 黒河紘一郎氏に先進的な西条の取り組みについてインタビューしました。

****************************************************
月刊インタビュー2017年10月号好評発売中!
お買い求めは東予地域の書店か、定期購読でお願いいたします。
****************************************************
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

2017年09月23日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 西条市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->