心ふれ合う国際交流

心ふれ合う国際交流

05_300x196

 

丹原町国際交流協会事務局長 安藤宏幸氏

前会長 佐伯武廣氏

前事務局長 児玉武久氏

人材不足、働き方改革、地方の中小企業を取り巻く雇用環境が急激に変化している。

人材不足から労働者不足に陥り、取引先の要求に応えられない。

労働者がいないから廃業を選択せざるを得ない企業まで出てきた。

そうした中で外国人雇用は、重要な選択肢の一つになっている。

しかし外国人研修生が日本の生活環境に合わないケースも事実多発している。

大切な労働力だけに受け入れ側の体制、地域との交流が必要になってきた。

丹原町国際交流協会では、早くから地元の鋳物団地に雇用された外国人との交流を深め、外国人が日本の生活に馴染む活動を行ってきた。

益々人数が増えてくる外国人研修生とどの様の交流していくのか。

丹原町国際交流協会 事務局長 安藤宏幸氏、前会長 佐伯武廣氏、前事務局長 児玉武久氏にインタビューしました。

****************************************************
月刊インタビュー2018年4月号好評発売中!
お買い求めは東予地域の書店か、定期購読でお願いいたします。
****************************************************
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

2018年03月23日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 西条市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»

->