創立30周年 実寸法師のタイワ

創立30周年 実寸法師のタイワ

05_300x196

株式会社タイワ 代表取締役 近藤健司氏/

ワークライフバランス推進室・室長 管理部長 近藤智佳氏

近年、流線型の柔らかなフォルムで優しさをイメージする建築物が多くなってきた。自然を意識した設計士による建築設計が、施主に好評を得ている建築界の流れではあるが、その構造物の中には、外観に関係なく鉄骨による骨格と梁が建築物を支える強度を維持しなければならない。建築設計士が描く設計図には書かれていない骨格を読み取り、鉄骨一本一本が寸法と形状を間違わないように鉄工所で生産される必要がある。そのためには、設計図から鉄骨構造図が描かれ、生産のためのパーツ図にまで描かれる必要がある。明治時代から住友企業城下町として栄えた新居浜市には、鐵工関係企業が多く、それを支える関連企業も多く存在する。中でも鐵工CADプログラムの開発を専門に行なってきた実寸法師のタイワは、業界の設計図作図ソフトで優れた製品を生み出し続けてきた。今年、創立30週年を迎え、業界の流れと将来展望を代表取締役 近藤健司氏にインタビューしました。

 

2018年07月20日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新居浜市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->