大三島産ワインの誕生

大三島産ワインの誕生

大三島みんなのワイナリー 葡萄栽培・醸造担当 川田祐輔氏

日本を代表する建築家、伊東豊雄氏が代表を務める「大三島みんなのワイナリー」は2015年から島でワイン用のブドウの栽培を始めた。17年秋に初めてブドウを収穫し、岡山市のワイナリーに委託して赤ワインが完成した。18年には赤白2種類、約1850本が完成した。今後は島内にワイナリーを建設し、20年には自社での醸造を始める計画だ。島に移住してブドウ栽培と醸造を担当しているのは静岡県出身の川田佑輔さんだ。川田さんに、「大三島みんなのワイナリー」が大三島でワイン作りを始めた経緯や目指すものを語っていただく。そして、川田さん自身のワインにかける思いや大三島で暮らすことの魅力などをインタビューしました。

2019年03月20日 大三島産ワインの誕生 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 今治市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->