絵画論と創作論 人は何を見ているのか?

絵画論と創作論 人は何を見ているのか?

四国中央市在住の油彩画家 坂田瑞来氏のもとをお訪ねしました。

e38195e3818be3819f005

人の目は、現実の物を見ているとき何を認識しているのか、
光をどう感じているのかを追及して
油彩画を描いてこられた坂田氏のお話は、
とても興味深く、考えさせられる取材でした。

現実の姿の向こう側には一体何が見えてくるのか?
詳しくは、9月20日発売の
月間インタビュー10月号をご覧ください。
(発行:ナレーション)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国中央情報へ
にほんブログ村

2010年09月18日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->