スタッフブログ

最新情報

地域の安心・安全を守る!新居浜建設業協同組合

2019年2月号04_300x196

新居浜建設業協同組合 理事長 白石誠一氏

戦後、雇用を創出し、景気の浮揚業界と言われてきた土木・建設業界だが、平成に入ってバブル崩壊後は公共工事の減少、景気の低迷、更には少子高齢化が進む中で、永年業界全体の売上が減少し建設企業数も減り、技術者も離れるなど苦しみの時代が続いていた。しかし近年の度重なる災害により、もしものときに必要な業界として、その存在有意性が見直され、技術者はもちろんのこと重機械を抱えることのできる業界へと再生が諮られている。昨年、㍻30年5月より新たに就任された 新居浜建設業協同組合 理事長 白石誠一氏に現在の業界の現状と今後の方向性についてインタビューしました。

2019年01月21日 | 地域の安心・安全を守る!新居浜建設業協同組合 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新居浜市

地域の味・祖父母の味を継承する

2019年2月号05_300x196]

大門味噌梶原 代表 梶原裕美(ひろみ)氏

かつて日本では多くの過程で自家製味噌を製造していた。その味は家庭の味であり、貴重な発酵食品として愛されていた。戦後、核家族化によって、お味噌を製造する家庭が少なくなり、味の優れた自家製味噌は地域に愛される味へと広がってきた。その後流通の発展とともにお味噌メーカーが手広く販売網を拡げ、家庭での製造がほとんどなくなってしまった。旧川之江市大門地区では、戦後地域の主婦が各家庭で味噌作りを始め、自家製味噌の盛んな地域であったが、時代と共にその数は減少した。そんな中、祖父母の手伝いでお味噌を子供の時から作っていた姉妹が自家製の味を守ろうと手作りの味噌作りを続けている。大門味噌梶原 代表梶原裕美氏に継承されたお味噌作りと祖父母の思いをインタビューしました。

2019年01月21日 | 地域の味・祖父母の味を継承する はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 四国中央市

インタビュー2018年12月号本日発売!!

インタビュー2018年12月号本日発売!!

180720表紙表148

今月は、

——————————————

【西条】飯積神社祭礼 野口太鼓台

野口太鼓台新調委員会委員長・野口太鼓台総代 小池敏治氏

野口太鼓台新調委員会理事・野口太鼓台運営委員 渡辺新吾氏

青年団長 河野祐弥氏

 

【新居浜】上部船木地区 池田太鼓台

新池田太鼓台管理運営委員会 委員長 髙橋良徳氏

池田太鼓台管理運営委員会 副委員長 藤田伸司氏

池田自治会青壮年部 部長  波戸崎 豊氏

 

【新居浜】川西地区 本町太鼓台

川西地区 運営協議会役員(本町太鼓台代表) 岡部正士氏

本町太鼓台 副責任者 合田芳人氏

現場責任者 白川達也氏

青年団長 秋山直也氏

 

【西条】石岡神社祭礼 西田屋台

西田自治会長 阿蘇浩造氏

青年団長 難波江亮氏

肩係 金子直起氏

 

【川之江】“秘芸”川之江長須中所獅子舞

八幡神社祭礼 秋季大祭奉納 長須中所獅子舞保存会 会長 石川正人氏

事務局長 前島 充氏

運営委員  篠原 彰氏

——————————————
以上の方々にインタビューしました。

お買い求めは東予地域の書店か、定期購読でお願いいたします。
インタビュー2018年12月号 本日発売!

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

2018年11月22日 | インタビュー2018年12月号本日発売!! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

飯積神社祭礼 野口太鼓台

2018.12月号野口太鼓台01_300x196

野口太鼓台新調委員会委員長・野口太鼓台総代 小池敏治氏

野口太鼓台新調委員会理事・野口太鼓台運営委員 渡辺新吾氏

青年団長 河野祐弥氏

飯積神社祭礼にお供する11台の太鼓台の1役を担う野口太鼓台。地域の人たちの熱い思いによって今年新調し、新たな姿で今年の祭りを迎えた。祭り前には地域の人たちへのお披露目式も行い、最高潮に盛り上がった今年のお祭りを振り返り、野口太鼓台の祭りにかける思いと地域の未来への展望をインタビューしました。

2018年11月22日 | 飯積神社祭礼 野口太鼓台 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 西条市

上部船木地区 池田太鼓台

2018.12月号池田太鼓台02_300x196

池田太鼓台管理運営委員会 委員長 髙橋良徳氏

池田太鼓台管理運営委員会 副委員長 藤田伸司氏

池田自治会青壮年部 部長 波戸崎 豊氏

平成28年に新調した池田太鼓台。地域の人たちの熱い思いによって新調された太鼓台は、まさに連綿と受け継がれた地元の象徴、池田八幡神社・池田の池の伝説に基づく地域性あふれるものだ。今年新調後3年目を迎えた池田太鼓台の祭りにかける思いと地域の未来への展望をインタビューしました。

2018年11月22日 | 上部船木地区 池田太鼓台 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新居浜市

川西地区 本町太鼓台

2018.12月本町太鼓台03_300x196

川西地区 運営協議会役員(本町太鼓台代表) 岡部正士氏

本町太鼓台 副責任者 合田芳人氏

現場責任者 白川達也氏

青年団長 秋山直也氏

かつては西町自治会と泉池自治会合同で古くから西町太鼓台を運行していた。かきくらべ会場では、かき夫が心一つにして、見事なかきっぷりで観客を魅了し、新居浜祭独特の喧嘩太鼓としても売られた喧嘩は引き受ける勇壮華麗な男太鼓として名を覇せていた。しかし、近年は、かき夫の減少と外人部隊の問題で喧嘩が先となり、運営委員会規定で2年に一度しか出場しない太鼓として魅力に陰りが見えていた。翻弄される自治会と彷徨う青年たちが、本当の西町自治会の太鼓台とは何かを話し合い西町自治会単独で本町太鼓台を昨年作り出した。2年目の祭りを終えて、自治会員が太鼓台を通して大切にしたいものをインタビューしました。

2018年11月22日 | 川西地区 本町太鼓台 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新居浜市

石岡神社祭礼 西田屋台

2018.12月号西田屋台04_300x196

西田自治会長 阿蘇浩造(こうぞう)氏

青年団長 難波江亮(あきら)氏

肩係 金子直起(なおき)氏

120年もの前に制作された歴史ある屋台(だんじり)を譲り受け、石岡神社祭礼に運行をしていた西田自治会が、今年屋台の修復を行いリニューアルして祭礼に出場した。新調ではなく、過去のものを修復して後世へ繋ごうとする西田自治会が守ろうとしたものをインタビューしました。

2018年11月22日 | 石岡神社祭礼 西田屋台 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 西条市

“秘芸”川之江長須中所獅子舞

2018.12月号川之江長須中所獅子舞05_300x196

八幡神社祭礼 秋季大祭奉納 長須中所獅子舞保存会 会長 石川正人氏

事務局長 前島 充氏

運営委員  篠原 彰氏

江戸時代の確かな謂れがあって長須中所地域の秘伝の伝承芸として200年以上も継承され、毎年川之江八幡神社の秋の祭礼に奉納されている 長須中所獅子舞。太鼓、横笛、鉦のリズムに乗って自在に獅子が舞う姿は、遺したい川之江祭りの1シーンでもある。少子高齢化の中で、限られた地域が継承しようとする長須中所獅子舞保存会の皆さんに、歴史の重みと伝承の大切さをインタビューしました。

 

2018年11月22日 | “秘芸”川之江長須中所獅子舞 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 四国中央市

インタビュー2018年10月号本日発売!!

インタビュー2018年10月号本日発売!!

2018・10月hyousi

 

今月は、

——————————————

【松山】 最先端技術 セルロースナノファイバー
愛媛大学社会連携推進機構 紙産業イノベーションセンター

センター長 教授・農学博士  内村浩美氏

【今治】西日本豪雨災害!農業生産者は立ち上がれるか
越智今治農業協同組合  代表理事 理事長 黒川俊継氏

【西条】内最大級のCLT一貫製造工場完成
株式会社サイプレス・スナダヤ 代表取締役 砂田和之氏

【新居浜】創立80周年 東予信用金庫
東予信用金庫 理事長 横川昭英氏

【四国中央】赤石山系 五葉松盆栽
農業生産法人合同会社 赤石の泉 会長 森髙準一氏

——————————————
以上の方々にインタビューしました。

お買い求めは東予地域の書店か、定期購読でお願いいたします。
インタビュー2018年10月号 本日発売!

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

2018年09月26日 | インタビュー2018年10月号本日発売!! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

最先端技術 セルロースナノファイバー

201810月号内村氏01_300x196

愛媛大学社会連携推進機構 紙産業イノベーションセンター

センター長 教授・農学博士  内村浩美氏

地元産業の人材育成と企業発展を目論んで設立された愛媛大学 社会共創学部は、県内の得意な部門において産学共同研究を進めている。東予地域では、四国中央市の紙産業技術センター内に紙産業の専門コースを設置して、大学生と大学院生、社会人研究生が研修と研究、企業共同研究を行ってきた。人材育成の成果を踏まえて、今年3月紙産業イノベーションセンターを建設・設置した。人が育って、地場産業の技術革新をもたらす、紙技術の中核センターとなる施設と学科コースである。紙産業技術の全国の中心となるイノベーションセンターの可能性を 内山浩美教授にインタビューしました。

 

2018年09月26日 | 最先端技術 セルロースナノファイバー はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 松山市

ページトップへ