石鎚ふれあいの里 代表 山本貴仁氏 先人の知恵を継承する

石鎚ふれあいの里 代表 山本貴仁氏 先人の知恵を継承する

7月10日は、曇り空でした。

今日、取材させていただいたのは石鎚ふれあいの里 代表 山本貴仁さん。

西条市は、全国でも稀な干潟から山麓までの距離がとても短い(短いといいますか・・1日でいける位の距離にある)自然科学を勉強するにはとても理想的な地形をしているそうです。当たり前のようなことが全国から見るととてもうらやましいということです。

そんな恵まれた土地、そして石鎚山の自然をもっともっと知りたいという熱意にあふれる方です。

なかでもすごく印象的だったのは、これまで100年以上にわたって培われてきた技術(生きる知恵)を私たちが知り継承していくことが大切なのではないか。100年以上続く技術は、今後100年続く可能性を秘めているという私たちが忘れかけている生きる力をお話してくださったような気がしました。

石鎚ふれあいの里はとてもロケーションが良い場所です。前には澄み切った川が流れていて泳ぐことができる。そして草木染めやこんにゃく作りといった体験教室も出来る。もちろんバーベーキューなど楽しむこともできます。とても素敵な場所がとても身近にありました。

山本さんの言葉ひとつひとつに現代社会で生きる私たちが忘れている何かを気づかせてくれるようなそんなお話をたくさん聞く事ができました。

是非、月刊インタビュー9月号(8月20日発売号)で山本さんの言葉を聞いて下さい

石鎚ふれあいの里のホームページは、こちらです

2009年07月13日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->