一宮神社社殿建築事業

一宮神社社殿建築事業

01_300x196

 

株式会社日本建築工藝設計事務所 代表取締役 松島義知 氏

古くから大山積神社が御鎮座され、和銅2(709)年に大三島の大山祇神社から雷神、高おかみ神が奉遷され、約1300年もの歴史を持つと言われる新居浜市の一宮神社では、昨年から今年にかけて拝殿の新築工事を行った。

旧拝殿は、明治30(1897)年に建設されたもので、耐震性などを配慮した氏子によって計画されたものである。

建設に当たり設計監理を行った株式会社日本建築工藝設計事務所 代表取締役 松島義知氏に一宮神社の文化的な建築物の特徴と新拝殿の特徴をインタビューしました。

****************************************************
月刊インタビュー2017年11月号好評発売中!
お買い求めは東予地域の書店か、定期購読でお願いいたします。
****************************************************
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

2017年10月25日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新居浜市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->